みんなの気持ちが優しくなるローカルメディアを作りたい

  1. ひとと握手する
  2. 16 view

こんにちは、シュガー(@satosho39)です。

ローカルメディアの界隈にクビを突っ込んで5年位になります。

5年間の間にいろいろあって、それでもローカルメディアをまたやりたくなりました。

今日はそんなローカルメディア「あくしゅ」でやりたいことを書いておきたいと思います。

ローカルメディアの再出発

 

ローカルメディア時代のシュガー。完全に調子こいてたなー。

4年前、当時は宮崎のローカル界隈も「地方創生だ!」って言って、いろんなプレイヤーが宮崎でも顕在化されてきて各々自分たちのプロジェクトを進めていました。

そんなおり知人から「ローカルメディアやろうや!」と声をかけられ、ローカルメディア人としてのスタートを切りました。

ちなみにこのとき公務員1年目で基本休日を使って取材周りして、平日の夜に記事を仕上げる感じの生活でした。

最初の方こそはちょこちょこの伸びだったけど、チームでPDCA回しながらいろんな人にあって、いろんなイベントに行って、いろんなレストランで飯食って、宮崎のなんでもない事を情報発信して、ってやってたら半年後に20万PV、1年後に50万PVまで上り詰めました。

おそらく当時のローカルメディア界隈でも結構な有名なポジションだったと思います。

そういえば東京に行ったときたまたまイケダハヤトさんと会える機会があり、「宮崎盛り上がってますよね〜」って言われて「意外と低い声やな」って思ったのを覚えてます(笑)

東京でイケダハヤトさんと飲み会。意外と声低い。

そうやって楽しくやってたんですが、規模が大きくなるといろんな主張がでてくるのも組織の宿命。

そこから些細なディスコミュニケーションの末に口論になり、私はチームを離れることにしました。

それからは2年くらい公務員としてもいくつかのプロジェクトの管理者として忙しくなり、ローカルメディアから離れることになりました。

地域が変わることだけが、地域の大事な事ではない

サクラをいろんな角度から獲ってたら盗撮された

自分がローカルメディアから離れても、他の地域にはたくさんのプロジェクトが誕生していました。

ぼくも公務員として地域に関わる人間として積極的に情報と取り入れようとしていましたし、在京の大手メディアに取材が来るようなプロジェクトに対して嫉妬に似た感情も抱いたりして「またいつかやってやる」と息巻いてました。

ただ、やっぱり大きく取り上げられるプロジェクトになると、やることのスケールもそこそこ大きいです。

「新規出店続出で奇跡の商店街」

「IT起業がサテライトオフィスを出店」

「図書館再生で交流人口増加」

etc・・・

そんな中で自分の気持ちに違和感持ち始めました。

地域の面白い所ってなにも新しい事するとか、お店作ったりする事ばかりじゃないよな・・・

確かに、地方創の時流の中で「地域を変える、変わらなければならない」というイメージから入ると先に書いたような事って本当にすごい事です。

固定概念で凝り固まった地域を変える事ほど難しいことは無いと、地域に生きるものとして肌で感じています。

それでも僕は、地域で生まれ育った人間としては「地域を変えることだけが良いことではない」と思うようになりました。

地域のよい所って昔からのお祭りとか地域のおばあちゃんとの雑談とか、商店街のお店の置いてある変なたぬきの置物とかにあるものだと思うんです。

確かに地域の悪いところ、衰退する所以みたいな所もたくさん見たり感じました。

ただ、地域の人が楽しんできた、その地域のなんでもない所も地域の一番良いところだと思うんです。

人の生活が、暮らしが、営みが、なんでもないけど素敵だと思うんです。

だからこそ、もう一度そこが面白いよねって発信したいんです。

僕たちは、そんな地域のなんでもないを楽しめて、この記事を読んだ人が「優しい気持ちになれるローカルメディア」を作ります。

変わりたくないなら変わらなくて良い

変わらない地元の棚田の景色

正直、地域の人たちが

「自分たちの地域は変わらなくてよい」

「商店街のシャッター開けなくてよい」

「息子たちにこの住みにくい集落を残さなくてもよい」と、思うなら僕はそれはそれで良いと思っています。

僕自身も地域の人間なので、いろんな声を聞いてきました。

ただ、そこを無理にこじ開けようとするとハレーションがおきてまた変な感じになっちゃう。

静かに暮らしたいと思っているのに・・・みたいな。

そんな地域もあっていいと思うんです、最終的には野山に戻るような。

もし「地域は変わらなければ」そんなプレッシャーを感じている人がいたら、そんな地域も僕たちは「それでいいんだよ」って言ってあげたいです。

ただ、それでもその地域を頑張りたいという人がいたら応援する。

無理をして啀み合うそんな地域づくりは地域づくりなのか?そんな問いも投げかけて行きたいです。

地域をおもしろがる、優しくなる。

 

いろんな情報が溢れるこの世の中で地域で生きるには辛くなる事もあると思います。

「あーつらたん」

って、思ったら視点を変えて地域を面白がってみたらいいと思います。

獺祭がダッシーになってる飲み屋のチラシ。

確かこのチラシは宮崎市内の飲み屋に貼ってあったと思います。

このチラシかなり好きで、ずっとフォルダにいれて定期的に見るようにしてます。

綴は間違ってるけど、一生懸命宣伝しようとしてる所が好きで、こういの見たら優しい気持ちになりません??

僕はとても優しい気持ちになって、ここ面白いなってなります!

そうやって僕らは地域を面白がりながら、地域のいいところを見つけていきたいと思います。